「空腹の時間」がアンチエイジングに効く?

人間の体は、「満腹状態」よりも「空腹状態」の時に、生命維持活動が盛んになるらしいことが分かっています。

「空腹状態」になると、「アンチエイジングのスイッチ」が入るのです。

スイッチが入ると、人間の体の中では、

【1】細胞から「ゴミ」がでるようになる
【2】「若返りホルモン」が分泌される
【3】「長寿遺伝子」が増加する

という状態にシフトされます。
これをもう少し詳しく見てみましょう。


【1】細胞から「ゴミ」がでるようになる
代謝の過程で、細胞内には「ゴミ」が発生します。このゴミを無くしてキレイにするために「オートファジー」と呼ばれる作用が起こり、分解処理をします。

【2】「若返りホルモン」が分泌される
「成長ホルモン」のことですが、大人の場合は、「若返りホルモン」「ダメージ修復ホルモン」という風に考えればよいと思います。「成長ホルモン」には、肌・筋肉・骨などの組織を維持更新し、免疫力を高める働きがあります。

【3】「長寿遺伝子」が増加する
一時的にカロリー摂取を減らしたり、断食をしたりすると、長寿に関係のある遺伝子のスイッチが「オン」になります。また、カロリー制限や断食には、ミトコンドリアの働きを活発にするという効果もあります。



コメントをどうぞ






フィード